Amazon

  • Amazon


無料ブログはココログ

カテゴリー「WCCFルイ・コスタ」の29件の記事

2016年7月19日 (火)

【妄想物語】鳴り止まない不協和音

※この物語はフィクションです



チームの成績とは裏腹に
問題点は次々と浮かび上がる


格下相手の調整の為
数字には表れない


失点も少ない

しかし

その少ない失点の
7割はドリブル突破からの単独突破

その事実に
登録DF最年長のサパタが
若きDFリーダー エリーに

インターセプト重視の守備から
カバーリング重視の守備へと
戦術変更が提案される…





しかし

1516acmdissonance2
それは守備をしない2人をも巻き込む議論となる





そしてその事は

秘書より
監督へ

1516acmdissonance1

そしてオーナーへと伝えられる






慎重に試合日程を組み
チームを整えようとしていたオーナーサイドは
一報を聞き事態を重く見た

すぐさまカーサミランへ
監督とキャプテンを呼び寄せる





1516acmomake3

オーナー①
「2つの攻撃ルート
守備戦術の選択

今の問題はこれだけかね」

監督
「秘書からはそのように報告を受けております」


オーナー②
「興業的にもこのような相手ばかりでは困るのだよ」
オーナー③
「そろそろ上に行ってもらわないと」

1516acmomake1
オーナー①
「このままやと上へはいかれへんで」

オーナー④
「予算的にも人員の補強は期待しないで欲しい」



オーナー①
「だが、君たちに迅速な事態の収拾ができるのかね?」

1516acmomake2

監督
「その為の監督ですから」




続く…?
 …そろそろ終わる?

※この物語はフィクションで後半の画像はイメージです
 画像の人物と監督・オーナーは全く似ておりません
 実在する団体・人物とはリンクする要素は全くありません

Gankobanner_2に参加しつつ

ここにも参加しAntena3

Antena3に参加しています

2016年7月18日 (月)

【妄想物語】2人の10番

※この物語はフィクションです


初戦を引き分けたチーム


キャプテンの目は輝きを失っていなかった

1516acmcap

2戦目を迎える前には
そのキャプテンに集められたメンバーは円陣を組む

初戦は2点先行されながら
後半のみで追いつき なんとか引き分けに
その2点絡んだのは控えのバロテッリ(1G1A)
FW陣は危機感を感じながら気合が入る…





しかし
その円は◎のようにも見えた…





円陣の効果か
FW陣の競争のお蔭か

1516acmrensyo

チームは連勝街道に乗る




アントネッリモントリーボホンダ
とショートパスでつなぐビルドアップと

サバタエリーからマヌへと
勢いよく蹴りこまれるロングボールやスルーパス


2つの戦術が大差勝ちを演出している



しかし
ショートパスのピースにマヌが組み込まれることはなく
ロングボールがホンダに送られることはない

1516acmmanu
10番

1516acmhonda
10番



10番の共存は難しいのか…


プレイできたら…続く


※この物語はフィクションです
 プレイに沿って演出されている為
 実在する人物・団体とは一切関係ありません

Gankobanner_2に参加しつつ

ここにも参加しAntena3

Antena3に参加しています

2016年7月17日 (日)

【妄想物語】現役復帰

※この物語はフィクションです


10-11のスクデット獲得を最後に
翌年から2位、3位と順位を徐々に落とし
近3年は8位、10位、7位と低迷

ユヴェントスにリーグ5連覇を許している

かつては
「リ・インヴィンチービリ」と呼ばれたチームの面影はなく

アレッグリ
タソッティ
セードルフ
インザーギ
ミハイロビッチ

と続々と行われる
監督交代劇はその象徴の1つ




その低迷するチームのメンバーは
カーサミランに集められた



そこに現れたのは
新しいアジア人らしき新監督と






Ruisuit
1人の誰もが知る男がいた




新しいオーナーの第一声は
「ミウラは49歳でも現役やで」


2時間程 時間は経過し



10番をはく奪されたホンダは不満そうに
キャプテンを交代したモントリーボは不安そうに
その場を後にした








そして

1516acmprologue

新シーズンの開幕を迎える


実に26歳差の年齢差があるチームは
手探りの中
カップ戦の初戦へむかう


そしてスターティングメンバーが発表される

1516acmstarringmenber

アウェーの地でサポーターもざわつく




期待と不安の入り混じった初戦は

1516acmopeninggame

引き分けに終わってしまう


(たぶん)続く

※この物語はフィクションであり
 在籍メンバーなど実際と異なる場合があります
 実在するチーム・人物とは一切リンクしません

Gankobanner_2に参加しつつ

ここにも参加しAntena3

Antena3に参加しています

2016年4月28日 (木)

誰の為に作ったのか…

中盤の守備がスルーされるので(CPU相手にも…)


ベンフィカ在籍縛りのメンバーを変更してみた
Marvaochenge_2
サビオラないからハラで(一瞬日本人と思ったこの画面)
マルチェナないからジャルデウ
マティッチあるはずやのに見つからずチアゴ


しかし

あまり改善されず…
でも予想してたので

4バックの両サイドを
オーバーラップ持ちにして(M・ペレイラ&カプデビラ)
守備は諦めた


エジカルロスやルイゾンより
カプデビラの方が守れた…


そして何より
1TOPの配置なのに
カード移動しなくても
ウイングハーフの2人(ディ・マリア&サブロサ)
追い抜いて反対のクロスにも合わせる
3TOPみたい…

アシスト カプデビラ
ゴール M・ペレイラ

これは気持ち良かった…


カウンター喰らったら終わるけど…


しかし
ハイタワーで点は取れるように
少しずつなって来たけど(確率は低い)


ルイ・コスタが完全に空気に…

このチームの目的って…

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

2015年11月17日 (火)

ポルトガル系は守備が難点?

Img_0830
とりあえず発動条件を満たし獲得




しかし
DFが仕事しなくなった…

Img_0833
コスティーニャとマメーデよくがんばってる





さらに

Img_0834
左右のSTの位置
ヘディングはもちろん
シュートが決まりません

Img_0835
この人のスルーパス
結構 無茶振り…

Img_0836
でも追い付く
さすがKOLE?


ちょっFW増やそうかな…
(FW表記はエウゼビオとポスティガの2人)



少し考えます

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

2015年11月15日 (日)

【国別称号獲得の旅】なんか雰囲気が…

カメルーン(不屈のライオン)
スペイン(無敵艦隊)
スリナム[オランダ](トータルフットボール)
+ロスカフェテロス(不具合で入手)


そして
ルイ・コスタの
ポルトガル(セレソンダスキナス)を開始



初ゴールは
Img_0807
マヌ






んっ!?
5の数字が…






Img_0808


15番…やっぱり




では10番は?





Img_0806


キャプテン兼エース…






Img_0823


やっぱり10番が良く似合う
(ごめんキャプテン…)




ベンフィカを進めるつもりが
なんか周りの雰囲気が国籍縛りを進めた方が…

(身内の話です…)



とりあえずはセレソンダスキナス発動が目標です

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

2015年11月 4日 (水)

【Benfica06-08】マエストロの騎士たち

ルイ・コスタのパスを活かせる(見込み)のメンバー

Img_0635


現代サッカーにおける最後の10番

Benficaaimar
(画像ないから自分で貼っちゃった…)

トップ下よりもSTの方がイキイキしてる
シュートもパスも上手い
もちろん突破とキープは将来的には…







スタメンからは
Benficamaximillano




開幕はこちらがスタメン
Benficajoao

ジョアンが守備はもちろんの事
フリーランも少なく
チャンスの場面もないので

マクシミリアーノへ
守備はしないというかいない事が多い

しかし
積極的なフリーラン
正確なクロス
カットインからのシュートとアピール

ヴィチェンツァのメンバーには通じると思うが
白いマッジョ




最後は出番は少ないが
Benficacristian

出れば効果的なクロスを演出
ウェルベックみたいなイメージ

今後逆サイドからのクロスにも
合わせてくれれば…

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

2015年11月 3日 (火)

【Benfica06-08】チーム名の通りにいかない…

チーム名はMarvao


マルヴァオンとはポルトガルの小さな村の名前

標高865Mの岩山の頂きに
城壁に抱かれるようにある小さな村の名前

古くから戦略拠点であり
難攻不落さゆえ内戦でも戦場に…






しかし 名前通り行かず
ボールがなかなか奪えない…

Benfica7s





数字以上に守備は崩壊






要は唯一の守備陣のレア(U-5)
Benficadl

サイドに置くと結構上がる
真ん中なら左右のカバー範囲は広い
ちょっと荒っぽい守備だけど…



現状なら奪取力は
Benficasidnei
この方の方が良く感じる(まだ7試合)

ただスタミナが厳しく
疲れるとパフォーマンスが落ちている感覚が強い




ここからが問題

Benficamorim
わかってはいたが1ボランチは厳しい
今のところ 全く目立たない





でDF陣からコンバート要員探す



Benficaedcarlos
4バック左SDFで開幕スタメンも

CPU相手に
軽すぎる守備でベンチに
マップ上では中盤にも色が…

Benficaluisao
エジカルロスの変わりに4バックの左SDF

この人も中盤に色が(ゴール前も…)
ただ右側…
このままDF?

Benficaanderson
この人が今のところ一番の候補
DFラインでは少々荒いディフェンスが
ファールを呼びそうで…
前で使う方が生きる気が…




これで中盤である程度
防御できると

Benficabutt
この方も楽になるはず
数字通りスピードがない
一歩目が遅い感じ


守備面は上に行ける気がしない…

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

続きを読む "【Benfica06-08】チーム名の通りにいかない…" »

2015年11月 2日 (月)

【Benfica06-08】ひと花咲かせる為に

ルイ・コスタの記事を書いていると…

ついつい気持ちが乗って
新規でスタート…してしまった

ベンフィカ06-08(ちょっと08-09)



主人公はもちろん
Benficarui

やや下がり目のトップ下もしくはSTで

ヘディングは相変わらず厳しい
スタミナも…
(2得点は無理やり取らせた)
アシストは鮮やかなワンタッチのスルーパス






キャプテンは

Benficacap

Benficasimao
左右SMFから攻撃のアクセント…のはず
…今のとこ 空気







エースは
Benficacardozo
スタミナ ギリギリも
利き足で合わせると強烈







スタメン攻撃陣で現状安定しているのは
Benficadimaria
左SMF・WG・ST

単独突破はCPU相手だから?
カットインからのシュートも確実
クロスちょっとモタつく?






最後は
Benficasuazo

チーム事情でベンチに
悪くない気がするけど…

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています

2015年10月30日 (金)

【チーム構想】今日は人生最高の日だ

これまでのお話
 plorogue「 愛するあなたと
 episode1「
念願の世界へ
 episode5「 愛する我が家
 episode6「 最後にひと花咲かせたい






今シーズン
 ベンフィカでキャリアを終えることを
 許してくれたすべての人に感謝したい


“我が家”の創立104周年記念パーティで発せられた
彼からの引退確定のコメント

455619097_54527263b5_z

ラストゲームの前日には
ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ氏から
 
「ミラノ市民 そしてイタリア国民は
決して彼の名前を忘れることはないだろう
君はいつまでも“ロッソ・ネロ”の家族の一員だ」


そして盟友
ミランのシンボル
パオロ・マルディーニは
 
「彼はまだ僕らのスポーツ界で活躍できる
一流の選手であることは僕が一番よくわかるよ
偉大なる男 そして友人だった彼に
ありがとうと言いたい」

と語っている



そして
そのメッセージはゲーム後の会見で
彼自身
 
「感動して泣いてしまったよ」
 
という言葉の他に



「僕のこれまでのチームメイトの中で
世界最高の選手だと思うのは
バティストゥータマルディーニの2人だ
彼らと一緒にプレーできたことを誇りに思う
今 サッカーを“捨てる”ことは幸せではないだろうけど
満足はしているよ
最後にこれしか言えないんだけど
本当にありがとう」
 
とラストメッセージでも感謝を伝えている

20100105004512


0-3で敗れたセトゥバルのサポーターからマフラーを贈られ
 
ジョゼ・モウリーニョが
ひとりのスーパースターが
一流選手のまま
トップフォームのまま
キャリアを終えたんだよ

賛辞を贈った



誰からも愛される男

Milanvsbefica

「あなたのサッカーキャリアにおいて
運がなかったと思いませんか?」
 
という質問に



最後の試合に5万4000人のファンが
集まってくれて僕に声援を送り続けてくれたんだよ
こんなに幸せなサッカー選手はいないんじゃないかな?
僕は十分 運が強いと思っているよ

 
と答える


これは有名なやり取りだが
彼の人柄を表す1コマ


その人柄が愛される理由だと思う









 23時54分


彼が会場を後にしようと立ち上がると
記者もカメラマンも一斉に立ちあがって拍手で送りだした


“誰からも愛される男”を最終確認するシーンである

20070821_134944

ラストゲームで着用した背番号“10”のユニフォームは
父親に贈呈され
翌日から黒いスーツに身を包み第2の人生を送る

Ruisuit
彼の名前は マヌこと
ルイ・マヌエル・セザール・コスタ




Ruiobrigado
自分が作った彼の為のチーム

こだわりのあんてなサイトAntena3

Antena3に参加しています