« 鶏口と為るも牛後と為るなかれ | トップページ | 管鮑の交わり »

2018年5月 7日 (月)

花は半開を看て、酒は微酔に飲む

洪自誠の菜根譚の一説


全文は
花は半開を看て、酒は微酔に飲む
此の中に大いに佳趣あり
若し爛漫もうとうに至らば便ち悪境を成す
盈満を履む者は宜しくこれを思うべし

意味は
花は半開、酒はほろ酔い
それでこそ最高の趣というもの
開きつくした花を眺め深酒に酔いつぶれて
何の風情があるものか
なにもかも満ち足りた人ほどその事をよく知って欲しいもの


ようはホドホドが良いものという事

Rossonerig_cupnumber

ブレシアの達成を横目に
残りを計算


ICC 5*2
CT 5*2
JT 4*2
THC 4*2
NSC 3*2
KC 2*2

OC 3

計 49

Rossonerig_remainingmatch

完全に無理


威風堂々なら
まだいける…



まあホドホドでええんです

だってブレシアの人モチベが…って言ってるし(笑)

Gankobanner_2に参加しつつ

ここにも参加しAntena3

Antena3に参加しています

« 鶏口と為るも牛後と為るなかれ | トップページ | 管鮑の交わり »

ACミラン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2065730/73438643

この記事へのトラックバック一覧です: 花は半開を看て、酒は微酔に飲む:

« 鶏口と為るも牛後と為るなかれ | トップページ | 管鮑の交わり »